愛犬のためにできること

食事の適量はどうやって見分けるの?
ウンチのチェックが一番です。ウンチを摘まみ上げてみて、トイレのシートに少し跡が残るくらいの軟らかさが適量です。適量を把握したら、きちんと計量して与えましょう。目安としてパッケージに記載のある給与量欄が参考になるでしょう。

そもそも「適量」ってどれくらい?オーナーさんはフードのパッケージに表示されている分量を参考にすることが多いようです。体重から割り出した数値は具体的な量を知る手がかりになります。ウンチの状態もあわせて適量を見つけましょう。

こんな気になることにおすすめのフード

適量はどうやって見分けるの?

一般的に、多くのオーナーさんはフードのパッケージに表示されている分量を参考にする場合が多いようです。体重から割り出した数値は、具体的な量を知るには手がかりとして有効です。ただし、ここは要注意。パッケージの数値はあくまでも目安です。何百、何千というワンちゃんの調査から導き出した、いわば平均値のようなもの。同じ体重だから必要なエネルギー量も同じとはかぎりません。

現在の量が適当かどうかは、体重の変化とウンチの状態を考えあわせて判断してください。定期的に体重を測定して、体重が増え続けていたら食べ過ぎ、減り続けていたら少な過ぎです。また、ティッシュなどでウンチを摘まみ上げて、トイレのシートに少し跡が残るくらいの軟らかさなら、フードのかさは適量です。便が軟らかすぎるのは食事の与えすぎ、ポロポロと固まるのは量が足りないサインです。毎日のトイレチェックが、ワンちゃんの健康管理には大切です。まめな体重チェックとあわせて、食事の適量を探し出してください。

閉じる

適量をきちんと把握しておこう

「このくらいが適量だな」と把握できたら、今度は容器に目印をつけておきましょう。そして、必要な食事の量をきちんと守って、毎日の食事をあげてください。えてして目分量であげてしまいがちですが、人間にとってはわずかな誤差が、体の小さいワンちゃんにとっては思いのほか大きい差になるのです。

閉じる

食事の回数は?

1日2~3回、朝晩が基本です。1日1回にもできますが、1度の量が多いと消化器への負担も大きくなるため、あまりおすすめしません。食事の回数が多いほうが、ワンちゃんにもうれしいでしょう。また、シニア期に近づいてきたら、消化機能の衰えや、栄養分の吸収に時間がかかるようになります。そのため、体の機能が活発な朝の食事の量を多めにし、夜は控えめにするとよいでしょう。

閉じる

おやつは必要カロリーの10%以下で

「おやつは別腹」。ワンちゃんにも適用したくなる気持ちは分かります。つい忘れがちですが、おやつにもちゃんとカロリーがあります。たいていはパッケージにカロリー表示がありますから、あげた分のカロリーを考慮して食事の量を調整しましょう。また、おやつは1日に必要なカロリーの10%以下に押さえるのが基本です。どんなにおいしくても嗜好品ですから、バランスよく栄養を取り入れることができません。ワンちゃんの体に必要な栄養がきちんととれるように、おやつをあげすぎないのもオーナーさんの役目ですね。家族がたくさんいる場合、知らぬ間に他の家族がおやつをあげていることもよくあります。家族で声をかけあって、おやつをあげすぎないようにしましょう。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 12ヶ月までの子犬用(パピー)

    • 免疫力を維持し、健康を維持
    • 健康的な便
    • 健康的な脳の発達をサポート

    製品詳細へ

  • 24ヶ月までのすこやかサポート

    • 骨と筋肉の健康維持
    • 胃腸の健康維持
    • 抜群の嗜好性

    製品詳細へ

  • 室内犬用

    • 気になる口臭ケア
    • 糞便の量と臭いに配慮
    • 体重ケア[低脂肪設計]

    製品詳細へ

  • 体重管理用

    • 低カロリー・低脂肪設計(脂肪分30%カット)
    • 骨と筋肉の健康維持
    • 関節の健康をサポート

    製品詳細へ

  • 避妊・去勢している犬用

    • 体重ケア
    • ダイエット粒配合
    • 下部尿路の健康維持に配慮

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧